施工実例

片流れ大屋根のQ1住宅。滑川市の家

施主の要望でありました片流れ屋根の大屋根、南側に面するLDKの天井いっぱい長戸サッシの住宅です。

パッシブ住宅にするため、軒の出を1mにしました。

パッシブ住宅は、簡単に言いますと、冬場は太陽高度が低いので直射日光多く取り入れ、夏場は太陽高度が高いので軒の出を大きく取ると直射日光が入りずらくなります。

結果、冬場の暖房費、夏場の冷房費の軽減になります。